やっぱうちの獣医さんはスゴイ・・・って話

0

    こんにちは!今日も寒い一日となったので、暖房を入れて、家に引きこもっていました。(不健康)明日も、そこそこ寒い一日となるようですが、火曜日頃からスッキリと(?)、元の暖冬に戻るらしいんで・・・・・いいんではないでしょうかね・・・・・そんな今日の最高気温は60F(摂氏15.5℃)雪です。

     

     

    昨日は日米の100均へ、そしてアジア系のスーパーへと奔走していたのですが、午前中は、ネコのもみじさんを連れて、彼女の念に一回の健康診断+予防接種に行ってきましたよ。猫

     

     

    10年近くお世話になっているRemen先生のオフィス、なんかいつもにも増して忙しそうだったんですが・・・・・

     

     

    もみじさんの入ったキャリアを抱えてレセプションにチェックインするために近づいて行くと・・・・・「あれ〜!○○!?驚き」と、待合室の隅の方から夫の名前を呼ぶ声が・・・・・

     

     

    「あれっ!?マイク!!??驚き」・・・・・なんと、彼の上司のマイクさんが、彼の犬と一緒にそこに座っていました〜!!(って、私は初対面)

     

     

    マイクさん、夫に「どうしたの?ペットが病気!?」「いや〜、これ〜(もみじさんを見せながら)、うちの猫なんだけど、年に一回の健康診断と予防接種に来ただけ〜。」「おお〜!そうなんだ!!これ、うちの犬なんだけど(ゴールデンレトリバーと・・・・・ちょっとゴールデンにしては足が短いので、バセットハウンドかなんかのミックス?)、風邪ひいたみたいで〜」「大丈夫だったの?」「うん、うちの奥さんが今、レセプションで薬出してもらってるわ(と、レセプションの前にいる女の人を指さす)」

     

     

    夫がもみじさんをチェックインしている間、マイクさんの犬をなでさしてもらいました〜。めっちゃ人懐っこくってカワイイ〜〜💕

     

     

    「このコ、いくつなんですか?」と聞いてみると、「今、7歳半くらいかな。実はこのコ、台湾で保護されて、ここに来たコなんだよ〜!」「ええ!?台湾!!びっくりじゃ、このコ、台湾人なんですね!?(イヤ、人じゃないから)」「ははは!そうだね〜!台湾人(犬)!」

     

     

    もっとその話を詳しく聞いてみたかったんですが、ここでもみじさんが診察室に呼ばれたので、挨拶して失礼しました!あ〜、残念!!!ため息

     

     

    それにしても・・・・・やっぱしRemen先生、スゴイわ!!実はマイクさん、夫に聞いたところによると、割とうちの近くに住んでいるらしい・・・・・で、何がスゴイかと言うと、実はRemen先生のオフィス、うちから全然近くない・・・・・道が空いてたら、車で20分くらいの距離があるんですよね〜(隣りの市、Scottsdaleにあります)・・・・・うちの近所にも、何軒かアニマルクリニックはあるんですよ?でも、うちは、わざわざ20分の距離を運転しても、Remen先生のとこにお世話になってるんですよね。マイクさんもそうなんだ〜・・・イエイわかる〜!・・

     

     

    かなり昔にもここに書きましたが、Remen先生のところにお世話になるまでに、数件のアニマルクリニックに行ってるんですよね。でも、なんつーか・・・・・どこも動物を「物」みたいに扱う先生ばっかしで、しっくりこなかったんですよ・・・ガーン・・・

     

     

    嫌がるネコを押さえつけるようにして、モノを掴むかのように掴んで、乱暴に診察台に置いたり、動物の気持ち、お構いなし。汗・・・・・構ってたら、患者をさばくのに時間かかってしゃーないわ!!って思うのが、現実かも知れませんけど、こちらとしては、うちの大事な家族をまかせているんですから、雑い扱いをされて平気でいられるわけがありません。ガーン

     

     

    そんなこんなで、3軒くらい「・・・あかん・・・ガーン」と思う獣医さんに当たった後、レスキュー友達に紹介されたのがRemen先生で、一回目の診察から「・・・・・これは・・・・・!!キラキラ」と思える対応をして下さいました。ネコがあまりにも嫌がると、ネコを床に降ろして、「・・・落ち着くまでちょっと待ちましょうか!嬉しい」と言って、自由に歩かせてくれたり、ネコを抱き上げたりする時も、とても優しく扱ってくれます。動物の気持ちが第一なんですよね、この先生。

     

     

    行けばいつも、夫と熱くフットボールトークを展開し(笑)、夫もとても先生の人柄を気に入っています。アメリカに来て初めて飼った、「タヒチ」が18歳で亡くなった時には、タヒチの名前でフェニックス動物園のクリニックに寄付もして下さいました。

     

     

    多分、マイクさんご夫婦も、そんな理由で20分運転しても、Remen先生のところに通っているんでしょうね。いい獣医さんに出会えて、めっちゃラッキー!って話です。えへへ花


    クリックで応援してくれたら、めっちゃ嬉しいです!

            

    PR

     

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    PR

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ナント!近所にダイソーの販売代理店がやってきた!!
      Saki
    • ナント!近所にダイソーの販売代理店がやってきた!!
      佐藤(み)
    • グリーンカード、キタ――(゚∀゚)――!!
      Saki
    • グリーンカード、キタ――(゚∀゚)――!!
      Kyoko
    • 北村(ネコ)の進歩状況
      Saki
    • 北村(ネコ)の進歩状況
      Yakuちゃん
    • 真のラーメンマンがこの場面に出くわしたら・・・・・多分、暴動が起こる。
      Saki
    • 返ってこない本について、ボヤかせてくれ
      Saki
    • 真のラーメンマンがこの場面に出くわしたら・・・・・多分、暴動が起こる。
      佐藤(み)
    • 返ってこない本について、ボヤかせてくれ
      japolska

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM