ティーンエイジャーの娘に、地獄を見せられたアメリカ人のお父さんの話

0

    こんにちは!今日はなかなか過ごしやすい一日でした!外を歩いてると、めっちゃ夏な恰好で歩いてる人、いっぱいいましたね・・・もう夏なのかな・・・そんな今日の最高気温は82F(摂氏27.7℃)です。

     

     

    昨日は、姪(19歳)の誕生会にお呼ばれして、PF Changに行ってきました。・・・実はこの誕生会、一日前に誘いが義姉から来て、姪とも1年に一回会うか会わないかで、そんなに近い関係じゃないので、行こうか行くまいか迷ったんですが・・・最近、義姉からの誘いを2回ほど断ってるので、ドラマになることを避けるため、「行く」と回答しました・・・パンダくん冷や汗 デコメ絵文字

     

     

    てか、19歳の女子の誕生日を、親戚呼んでやるって一体何なんでしょうかね!?私が19歳の時って、家族より友人と誕生日も一緒にいたし、その方が楽しかったよなぁ・・・でも、家族とは食事に行ったりしましたが、それでも「叔父、叔母」は呼ばず、あくまでも『家族』だけで行ったんですけどね・・・

     

     

    まぁ、多分、例の如く、これって姪の希望ではなくて、義姉が決めたことなんでしょうけどね・・・夫に「アメリカってこういうのよくあることなん?日本ではあまり聞かない事例やねんけど?」と言うと、「アメリカでもあまりない事例じゃね?少なくとも俺の時は、19歳で親戚呼んで誕生日とかってやらんかったし、やってほしくなかったわ!」・・・そっか。やっぱこれ、義姉家族オリジナルらしいわ・・・何かと子供をコントロールするの、いい加減にやめればいいのに・・・

     

     

    で、乗り気しないまま会場へと行ったのですが、予想に反してなかなか楽しかったです。私はね。姪はどうだったかわからないけど・・・

     

     

    中でも面白かったのが、姪の父、義兄の話。(笑)

     

     

    姪は去年から大学生になり、大学のドームに住んでいます。で、ドームに入居する前に、衣類のまとめ買いをしに行くことになっていたのですが・・・連れて行くハズだった義姉の具合が悪くなり・・・でも、入居/入学式もせまってる・・・ので・・・

     

     

    義姉が青い顔をしながら彼女の夫である義兄に、「ちょっと自分、悪いけど着いていったってくれへん?ホンマ、着いて行くだけでええから!ç—…æ°— デコメ絵文字」と頼んだらしい。義兄は、さすがに青い顔した病人の頼みを無下にすることも出来ず、「着いていったらええねんな?わかった!ええで!」と安請け合いしてしまいました・・・

     

     

    まぁ、『着いて行くだけ』と言っても、義兄は姪にとって『スポンサー』であり、支払は全部義兄がしなきゃならないんですけどね。(笑)

     

     

    そして安請け合いした義兄は、姪を近所のモールに連れて行き・・・「お父さんは自分が何を買いたいのかもわからへんから、好きな店に行って必要なものを買ってき!」と軽く言ったら・・・

     

     

    姪は喜々として足取り軽く歩き出し・・・「あそこな!まずあそこみたいねん。お気に入りの店やねん!」と言って店に入ったが最後・・・

     

     

    出て来ねぇ・・・

     

     

    最初は姪と店内を歩いていた義兄だが、途中で着いて行き切れなくなり、店の入り口付近でボッサァァァァ〜〜〜ッと立って待つこと・・・

     

     

    約1時間半。

     

     

    その間何度か、「まだ決まらへんの!?」と姪に問うが「ちょっと迷ってるねん!せかされたら余計決められへんわ!!パンダくん怒りんぼ デコメ絵文字」と逆ギレされる・・・えぇ・・・

     

     

    そしてようやく姪が戻って来たと思ったら、手には何も持っていない。あれだけ試着してた服はどこ行った!?

     

     

    「・・・ん〜・・・ちょっと別の店も見てええかなぁ・・・花 デコメ絵文字花 デコメ絵文字」と姪。もうここで、イヤな予感しかしなかったのだが、手ぶらで家に帰るわけにもいかず・・・「・・・しゃーないな・・・どこ行きたいん・・・ぐったり デコメ絵文字」と言うと・・・

     

     

    姪はまた、ヒラヒラ〜〜〜ッと別の店に向かって飛んでいく・・・

     

     

    かれこれ5-6店舗へ引き回しに合い、挙句・・・

     

     

    「ごめん、もっかい最初の店にもどってええかな?」・・・お父さんは、どこの地獄にいるんですか?????と心の中で声にならない叫びをあげる。

     

     

    そして、最初の店で数枚の服を購入し、また一から既に見た店舗へ戻り、また数着購入。合計4-5時間の引き回しに合い、ようやく家に帰れることに。この時、人生の中でもこれほど幸せを感じたことがないと、義兄は言っていた・・・(笑)

     

     

    ―翌日―

     

     

    「お父さん、これ、返品したいねんけど」

     

     

    そう言われた義兄が目にしたものは・・・

     

     

    昨日、気が遠くなる思いをして、ようやく姪が購入した衣類の半分以上・・・えぇ・・・

     

     

    もう絶望感しかないわ、お父さん・・・ぐったり デコメ絵文字

     

     

    それでも、「もう絶対着ない!!」と言うものを保持しているわけにもいかないので、また車を出して、服を返品・・・

     

     

    お父さん、ティーンエイジャーの女子の買い物、舐めてたわ・・・もう無理・・・マジで無理・・・と、最後はマジ、灰になったらしい・・・

     

     

    ホント、義兄には悪いけど、笑い過ぎてしんどかった。(笑)ティーンエイジャーってか、女子、「あるある」過ぎて・・・それを想定せずに安請け合いして着いていっちゃったお父さん、身も心もボロボロ・・・スゴイ破壊力だな、オイ!!!(笑)

     

     

    横にいた夫が、ちょっと遠い目をしてたので、「自分も私と買い物行ったら、こんなカンジなん!?」って聞いたら、「・・・ちょっとね・・・」と薄笑いをしていた・・・(笑)こういうのって、万国共通なのね。(笑)


    クリックで応援してくれたら、めっちゃ嬉しいです!

            

    PR

     
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    PR

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • やっぱしあかんかったわ・・・(怒)
      Saki
    • やっぱしあかんかったわ・・・(怒)
      佐藤(み)
    • 敵は意外と近くに・・・てか、スグ横に。(笑)
      Saki
    • 敵は意外と近くに・・・てか、スグ横に。(笑)
      佐藤(み)
    • お兄さん・・・許してく・・・は!?
      Saki
    • お兄さん・・・許してく・・・は!?
      佐藤(み)
    • ダイソーに夢中・・・
      Saki
    • ダイソーに夢中・・・
      Kaoru
    • 友達が、お宝の山を持ってきた。
      Saki
    • 魔界における、食料品買い出しの方法
      Saki

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM