お一人様アニマルレスキューを始めるまでの道のりについて、語らせてくれ。〜その8

0

    こんにちは!冬を通り越して、「春花を楽しんでいるフェニックスです。・・・・・でもね、ホント、普通なら「春」なんてないんですよ、ここ・・・汗・・・あるにはあるんでしょうけど、あっても1週間くらい?冬からイキナリ夏になりますからね・・・・・通常は。今年はホンット、いい意味で「異常」ですね。(笑)そんな今日の最高気温は84F(摂氏28.8℃)きです。


     

    まぁ、色々あって未自覚のうちに、「シェルターダイレクター」に仕立てられてしまった私なんすけどね、本職とボランティア、日々、なんとか両立させていたわけですよ。


     

    そんなある日、Dから連絡が・・・・・「FeLV(ネコ白血病)の猫のフォスターをしてほしいんだけど」えぇ・・・・・そんな急に・・・ははは・・・


     

    「これ、Kからのリクエストで・・・・・」Kというのは、この辺で・・・猫ボラをしている人、猫好きの人なら知っている確率がかなり高い・・・・・「猫セレブきらきらで・・・・・ごくたま〜にテレビなんかにも出てたりするんですよね。


     

    このK、私は数年前、友人宅で開かれた「Crazy Cat Ladyの集い(?)猫みたいいな感じのポットラックで知り合ったんですよね。その当時、しゃべった感じは「セレブ」を意識させるところは全くなく、むしろ「好きなことで生計立てられるなんて、私、めっちゃラッキーだと思ってる!!キラキラ」みたいなことを言ったりする、「謙虚系セレブ」なイメージだったんですけどね・・・・・


     

    Dは「セレブ好き」な面があって、このリクエスト、絶対受けたかった模様。で、私の返事を待たず、「Kから連絡するように言っといたから!」えぇ・・・・・マジか。ガーン


     

    そうこうしているうちに、Kからメールが。「うちの獣医さんで預かっているFeLVの猫なんだけど、Dが『SakiがFIV/FeLV用の猫部屋を持ってるから!』って言ってたんで、お願いしたいんだけど、いつ連れて行ったらいい??」・・・・・はぁ・・・・・?何、それ・・・・・確かにうち、一部屋空いてて、そこで猫2回ほど保護したけど、「FIV/FeLV用」になんてした覚えねぇぞ!?


     

    「イヤ、ちょっと・・・・・用意もあるから、ちょっと待って。用意できたら連絡するから!」・・・・・夫の了承も得てないのに、イキナリこれはないやろ。しかもFeLVは、FIVとはワケが違う・・・汗・・・


     

    その頃、うちには「タヒチ」という老猫がいました。何等かの原因で、その白血病の猫が部屋の外に出て、タヒチと喧嘩になったりしたらどうなるか・・・・・考えただけで怖いわ。汗


     

    取り合えず、その日、夫に相談してみました。夫は、義弟と一緒に住んでいたころからタヒチをとても可愛がっていたので、この話にあまり乗り気ではありません・・・しら〜・・・ま、当然っすよね。


     

    「もうちょっと考えるか・・・・・」ということになって、その日に結論を出すことはできませんでした。


     

    すると・・・・・Kから矢のような催促が・・・・・!「いつ猫を連れて行ったらいい!?」「なるべく早くお願いしたいんだけど」・・・・・Dが彼女に何と言ったのかわかりませんが、「断られる」という選択は、彼女の思考には一切ないらしい・・・・・


     

    仕方ないので、再度、夫と話し合い・・・・・念のため、タヒチにFIV/FeLVの予防接種を受けさせた上で・・・・・ということになりました。


     

    タヒチにとっては、エッライとばっちりですね・・・涙ごめんなぁ・・・


     

    2日後くらいに予約が取れたので、タヒチを掛かりつけの獣医さんのところに連れて行きました。先生に理由を説明すると・・・・・「えぇ・・・悩む・・・」そうでしょう、そうでしょう・・・・・そしてこの予防接種は、「実費」です。ハイ、私たちが払いました。


     

    その間にも、Kからの矢のような攻撃は途絶えることなく続き・・・・・OKを出したら・・・・・その日のうちに猫を連れてきました。ガーン


     

    Kは感謝の意を延べ、彼女の会社で作製している猫のおもちゃを数点、猫と一緒に残していきました。

     

    ステラ・ルナ。自分がカワイイことを知ってるな、あんた。


     

    ・・・・・ま、彼女としても、「セレブの力量」を、彼女の獣医さんに見せたかったんでしょうね・・・・・で、多分、「知り合いに『FIV/FeLV用』の猫部屋を持ってるフォスターがいるんで、そこに頼んだ」と、さも自分の業績みたいに言ったんだろうな・・・・・あ〜あ。ため息ため息


     

    でも、連れられて来た猫に罪はありませんからね。ちゃんとお世話させて頂きますよ!!キリッき


     

    その猫、「ステラ・ルナきらきらは、めっちゃくちゃカワイイ三毛猫で、人懐っこい性格の・・・・・もしFeLV持ちじゃなかったら、スグに里親さんが決まってるような猫でした。でも、白血病を発症しているわけではないので(キャリア)、エサも良く食べ、良く遊び健康的!ピース


     

    もしかしたら、ネコ白血病の猫をすでに飼っていて、2匹目を探してる人がいるかも知れないし!!と、希望をもちつつ、Facebookにステラ・ルナの投稿をしてみました。

     

    —つづく—

      

     


    クリックで応援してくれたら、めっちゃ嬉しいです!

            

    PR

     
    コメント
    タカラもそうだけど、サキさんの所に来るのは野良とは思えない美猫多いのは何故。レスキュー、だんだん、雲行き怪しくなってきてますね〜、ホホホ(^。^)
    • 佐藤(み)
    • 2018/02/11 11:49 AM
    佐藤(み)さん:
    確かに美ネコが多いですね!・・・多分みんな、以前は誰かに飼われてた猫だったんでしょうけどね・・・・・(泣)あ、でも、山田はワイルドでしたよ〜!!ワイルド過ぎて、写真撮れませんでした。(笑)多分撮ったら、「何の猛獣なの!?」みたいになってたと思います。(笑)

    レスキューは、雲行き怪しくなりっぱなしですね〜。(笑)まだまだ続きます。(笑)
    • Saki
    • 2018/02/11 4:15 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    PR

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 野望が叶って、スッキリしたわ
      Saki
    • 野望が叶って、スッキリしたわ
      佐藤(み)
    • 野望が叶って、スッキリしたわ
      Saki
    • 野望が叶って、スッキリしたわ
      Saki
    • 野望が叶って、スッキリしたわ
      chiquita-angel
    • 野望が叶って、スッキリしたわ
      佐藤(み)
    • 底辺のカスタマーサービス・・・てか、常識枯れてるの!?
      Saki
    • 底辺のカスタマーサービス・・・てか、常識枯れてるの!?
      Saki
    • 底辺のカスタマーサービス・・・てか、常識枯れてるの!?
      佐藤(み)
    • 底辺のカスタマーサービス・・・てか、常識枯れてるの!?
      chiquita-angel

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM