お一人様アニマルレスキューを始めるまでの道のりについて、語らせてくれ。〜その9

0

    こんにちは!今日もとっても過ごしやすい気温のフェニックスでした!が・・・・・昨日、冬を通り越して、「春」を楽しんでいるフェニックスです。』とかって書いたら、「28.8℃で春て〜イエイ」とFacebookで痛烈なツッコミが入りました・・・ガーン・・・あれ・・・・・?・・・・・お・・・おかしいなぁ・・・・・28.8℃は春じゃないんだ・・・ムンク・・・←(一般常識の世界には戻れないくらい、流されてしまっている)そんな今日の最高気温は、82F(摂氏27.7℃)きです。

     

     

    猫白血病キャリアの「ステラ・ルナきらきらを、半ば強引に押し切られる形でフォスターすることになった私たち。かなり色々なことに困惑させられましたが、取りあえずはステラ・ルナのお世話を毎日していました〜。イエイ

     

     

    ステラ・ルナは、とってもよく遊ぶコで、たまにエキサイトし過ぎて、暴走が止まらなくなったりしてましたね。(笑)それでもとてもカワイイ女の子でした。きらきら

     

     

    が、ある日、ステラ・ルナと遊ぼうと、猫部屋のドアを開けると・・・・・あっと言う間に彼女はドアの外へ飛び出して、居間の方へと走っていってしまいました(!!)汗衝撃あかん!!

     

     

    大きな声で夫に、「タヒチをベッドルームに入れて、ドア閉めて!!早く!!!焦り」・・・・・いくらタヒチが猫白血病の予防接種を受けていると言っても、万が一ケンカになって怪我を負った場合、100%感染はないとは言い切れません・・・・・マジ、血の気が引きました・・・ビックリ・・・

     

     

    その後、すぐにステラ・ルナを捕獲して部屋に戻したので、大事には至りませんでしたが、ヘタしたらマジで、エッライことにになるところでした・・・ガーン・・・

     

     

    それをDに報告したのですが・・・・・「え”、え”!?大変やったな!!??」・・・・・で、話終わりました・・・・・ハイ、大変でしたよ・・・・・なんだかな・・・汗・・・

     

     

    ステラ・ルナのうちへの滞在は、2週、3週と、どんどん伸びて行きます。やっぱし口で言うほど、猫白血病キャリアの猫の里親さんを探すのは、容易ではないのです・・・・・このまま里親さんが見つからなかったら、一体どうなってしまうんだろう・・・・・こんな狭い部屋の中に一生閉じ込めておくのも、可哀想過ぎるし・・・涙・・・

     

     

    かといって、Dが何をしてくれるわけではありません・・・・・ほぼ、丸投げ・・・・・えぇ・・・がっかり・・・

     

     

    故に、週に一回程度は、ステラ・ルナの様子をFacebookの自分のページにアップしたり、ネコ白血病/エイズ猫のページにポストしたりして、地味に里親探しを行っていました・・・・・

     

     

    するとある日・・・・・メールが来て・・・・・

     

     

    「猫白血病のコの里親さん、見つかりましたか?もしまだ見つかっていなければ、うちで引き取りましょうか?」

     

     

    ・・・・・知ってる・・・・・この神メールパターン、知ってる・・・・・!!!!!イエイ

     

     

    キタ――(゚∀゚)――!!

     

     

    なんと、猫エイズの『ポーチ・スウィング(現オスカー)』を引き取ってくれたアリーさんが、またまたステラ・ルナを、彼女のサンクチュアリに引き取ってくれると言うんですよ!!!!!どこの神ですか、アリ―さん!!!!!感動き

     

     

    是非お願いします!!!本当に有難うございます!!!!!・・・・・もう、半泣きでしたね。(笑)号泣ダーッ

     

     

    しかし!!今回はフェニックスからアリーさんのところに行くボランティアさんがいない・・・・・と言うことで、「ここまで連れてくることはできますか?」ときた。因みに、アリーさんの動物保護施設は、「Mayor」という、アリゾナの中部にあるんですよね。うちからは車で2時間かかるか、かからないか・・・・・

     

     

    アリーさんからの申し出の件をDに伝えたところ、めっちゃ感激はしてくれたんですけど・・・・・え〜っと・・・・・やっぱしそこまで。私たちにステラ・ルナを輸送しろと・・・・・ってことっすよね?マジ、丸投げだよ・・・ははは・・・

     

     

    で、この「結末」だけをKに報告して、Kは自慢げに、ステラ・ルナを最初に保護した獣医さんに伝えるんだろうなぁ・・・・・「無事、ネコは里親さんが見つかりましたよ!」って・・・・・君たち!!君たち、私に丸投げしただけで、何もしてへんやん!!!動いたのはすべて私らやん!!!!!不条理!!めっちゃ不条理!!!怒り怒り

     

     

    と、心の中で雄叫びを上げましたが、まぁ・・・・・出来れば一度、アリーさんには直接会ってお礼も言いたかったし・・・・・取り敢えず、ステラ・ルナとアリーさんのために、ここは黙ってMayorまで私たちがステラ・ルナを連れて行くことにしました・・・ははは・・・

     

    ―つづく―


    クリックで応援してくれたら、めっちゃ嬉しいです!

            

    PR

     
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    PR

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 悲し過ぎる
      Saki
    • 悲し過ぎる
      黒猫
    • 悲し過ぎる
      Saki
    • 悲し過ぎる
      佐藤(み)
    • グリーンカード、キタ――(゚∀゚)――!!
      Saki
    • グリーンカード、キタ――(゚∀゚)――!!
      カリフォルニア
    • 消えてなくなりたい瞬間ってあるよね?
      Saki
    • 消えてなくなりたい瞬間ってあるよね?
      佐藤(み)
    • うちの子にしちゃったよ。
      Saki
    • うちの子にしちゃったよ。
      Saki

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM