お一人様アニマルレスキューを始めるまでの道のりについて、語らせてくれ。〜その10

0

    こんにちは!外を歩けば、半袖/ノースリーブ、短パン、サンダルの人が主流になってきた、フェニックスです。このまま夏に突入してしまいそうで怖いわ・・・ブルブル・・・そんな今日の最高気温は80F(摂氏26.6℃)きです。

     

     

    (ほぼ強制)預かりをしていた「ステラ・ルナ」を、またまたアリーさんのサンクチュアリで引き取ってもらえることとなり狂喜乱舞したのも束の間、どうやら・・・・・ってか、薄々は感づいてたんですけど、ステラ・ルナの一件を「完璧丸投げ」されたことを悟り・・・・・アリーさんの施設のある、アリゾナ中部、Mayorまで私と夫がステラ・ルナを連れて行くことになりました・・・・・(てか、それしか方法の選択がなかった)

     

     

    で、アリーさんに大体の場所を聞こうと、メールを出すと・・・・・「車は何に乗ってますか?」・・・・・なんでイキナリ車種に関する質問!?(謎)はぁ? でも、何か意味があるハズと思い・・・・・「トヨタカムリです」とマトモに車種を答えてみた。(笑)

     

     

    すると・・・・・「4WBでないと、ちょっと施設に来て頂くのは難しいかも・・・・・山の中にあって、とにかく道が悪いんですよ・・・汗・・・」・・・・・えぇ・・・・・秘境オオハシケェ〜〜ッ!なの!?・・・・・

     

     

    「ではですね、私たちの『Thrift Shop(リサイクルショップ)』に猫を連れてきて頂いても良いですか?こちらは普通の町中にあるんで、大丈夫です。」ということで、アリーさんのThrift Shopに、ステラ・ルナを届けることになりました。

     

     

    当日、ステラ・ルナをキャリアに入れ、彼女が使っていたベッドやおもちゃ、寄付用の小さなキャットタワーを車に乗せて、Mayorまで2時間弱、運転して行きました。(運転したのは夫ですがね)

     

     

    Mayorは、ホンットに小さな町で(・・・てか、村レベル)、スグにアリーさんのThrift Shop は見つかりました。町の雰囲気にピッタリの、めっちゃカワイイお店です。

     

     

    ドアを開けて入って行くと・・・・・金髪の小柄な女性がニコニコしながらやってきました。「遠い所、来てくれて有難う!!」アリーさんです。・・・・・もう、顔に笑顔が定着してるよ、この人・・・・・見ただけでいい人ってわかるわ。爆笑

     

     

    早速にステラ・ルナを見せると、「うわぁ!めっちゃカワイイね、このコ!!!キラキラ」キャリアから出して、少し抱っこしてから、アリーさん自身が持参してくれたキャリアに移します。

     

     

    「本当は、施設も見て行ってほしかったんですけどねぇ・・・・・ホンット、マジで道が悪くて!!!車、へっちゃらでドロドロになるし、申し訳なくて!!!はぁ〜」イヤイヤイヤイヤ・・・・・申し訳ないのは、こっちの方っす・・・疲れた・・・

     

     

    「最近、FeLV/FIVの施設を新しくしたから、きっと気に入ってもらえると思う!そうそう、『オスカー(ポーチスウィング)』も元気にしてますよ!よく、私がちゃんと仕事してるかチェックしにくるんです!!(笑)」・・・・・ああ〜・・・・・この人に任せておいたら、安心だ〜・・・感動・・・なんか強制的にここに来なきゃいけないハメになったけど、正直、来てよかった!!と思いましたね。アリーさんに会えて良かった!!キラキラ

     

     

    フェニックスに帰り、Dに形だけ、ステラ・ルナを引き渡してきたことを報告しました。多分ここから自動的に、Kにも報告が行くんでしょうね・・・・・まぁ、ステラ・ルナが幸せになれるのなら、もういいっす、人のしがらみは。

     

     

    でもね、この後もう一回、Kに振り回されたんですよね・・・・・急に連絡してきて、「Semi Feralの猫(半野良っすね)を引き取ってくれる人、知らない!?」・・・・・知らねーよ・・・ははは・・・でも、やっぱ猫のことだと捨ててはおけないので、お一人様レスキューの師匠であるポーラに相談すると・・・・・

     

     

    「New River(フェニックス郊外)にホースレスキューがあって、そこだったら『Barn Cat(農場で放し飼いになっている猫)』として引き取ってくれるかも?もしそうしたいなら、私が話し通すよ?」さすがポーラ。

     

     

    が、この話をKにすると、難色を示す。「Barn Catって・・・・・ちゃんと世話してもらえるの?」「結局は『外ネコ』ってことよね?」「ちゃんと住むところはあるの??」・・・・・で、ポーラから聞いた通り、「厩舎に住めるけど、基本『放任』だから、そこに留まるも、どこかに行くも猫次第。エサはちゃんともらえるし、病気になったら病院にも連れて行ってもらえるってことだけど」「・・・・・そうなんだ・・・・・(何か不満気な口調)しかも、New Riverなんだよね(イヤイヤ、うちらMayorまで行ったがな!)・・・・・」・・・・・と言ったっきり、この件に関して、フッツリと連絡はなくなりました。「・・・使えねぇ・・・がっかり」って思ったんでしょうね・・・・・でも普通、「他の方法も模索してみるわ。調べてくれて有難う」とか、もし他に方法が見つかったなら、「他に方法が見つかったよ!」くらいあっても良さそうなもんですけどね・・・ため息ため息・・・

     

     

    ま、多分、そのホースレスキューに依頼することになったとしても、また丸投げされてオワリになってたでしょうし・・・・・他に何かいい方法が見つかったんなら、それに越したことはないっすけどね・・・・・

     

     

    取り敢えず、「セレブ」関係の案件に関わるのは、もう御免っす。汗(苦笑)


    クリックで応援してくれたら、めっちゃ嬉しいです!

            

    PR

     
    コメント
    楽しく10回、猫レスキュー見させてもらってます。毎回、話が面白い!人間関係が面白い!sakiさんは振り回されて、大変だったと思います。本が出せそうな位話がいっぱいあって、これからも楽しみです。
    • バージニアのオバチャン
    • 2018/02/12 12:16 AM
    バージニアのおばちゃんさん:
    お一人様レスキューの連載、読んで頂いて、有難うございます!!そうですね、こういう話は書ききれないくらいあります。(笑)でも、悪い面ばかりじゃあないんですけど・・・・・ただ、こういう面に私が着いていけなくなったという・・・・・(笑)
    まだまだ話しは続きますので、宜しければまた、読んでやってください!!(^^)
    • Saki
    • 2018/02/12 1:03 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    PR

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 新たなネコの出現
      Saki
    • 新たなネコの出現
      Saki
    • 新たなネコの出現
      かおり
    • 新たなネコの出現
      佐藤(み)
    • 人気ボブルヘッドをゲットするまで
      Saki
    • 人気ボブルヘッドをゲットするまで
      佐藤(み)
    • ちょっと心配な山田(猫)の近況
      Saki
    • 関西のどこの出身やねん!?
      Saki
    • 中古漫画をアマゾンで購入して、SALで送ってくれるってマジ!?〜その2
      Saki
    • 関西のどこの出身やねん!?
      レモン

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM