過去に追突事故に巻き込まれた件。

0
    おはようございます。今日の最高気温は86F(摂氏30℃)です。まだ図々しく30℃台です。が!来週からどど〜んと20℃台が来るとの予報が出ています。イエイこれで日中でも庭仕事できるかなぁ・・・・

      

    さて、昨日アメリカでの車の運転について書いていたら、4年前に巻き込まれた追突事故車衝撃のことを思い出しました。・・・事故も多いんですよ。通勤していた頃は、ほとんど毎朝のように、同じ交差点で事故が発生していました・・・ま〜、何せ、よく事故を見かけます。まさか自分も良くある事故のうちの一つに巻き込まれるとは、思ってもみませんでしたけどね・・・えへへエヘヘ

    あれは忘れもしない、2011年3月。会社からの帰宅途中でした。丁度映画館の前まで来た時、信号が赤に変わりました。ふっつ〜に停車してたんです。そしたらイキナリモノっスゴイ衝撃が後ろからどっかぁぁぁ〜〜〜〜ん!!ときました。サスガに錯乱して、「うぉおぉおぉおぉぉぉ〜〜〜!!!びっくり衝撃」とかって叫んでると、更にもう一回、がぁぁぁああぁぁぁああ〜〜ん!!!と!「な、なんじゃぁぁぁぁぁ〜〜〜〜!!!???」衝撃が止まってボー然としてると、何人かの人が車から出てくるのが見えました。信号が青になっても誰も発信する気配なし。ここでようやく、「・・・・・当てられた・・・・・」と自覚しました。そろ〜〜〜っとドアを開けて、外に出ると、後ろに停まってたワーゲンビートルのお姉さんが来て、「大丈夫?」と声を掛けてくれました。どうやら「加害者」の車は、私の後ろに停まってたそのお姉さんのワーゲンビートルに追突し、そして、ビートルが押し出される形で私の車に追突したらしい・・・で、私の車がちょっとだけ前の車に当たったと。停車してる車を3台も動かすて、一体どんなスピードでぶつかってきたんや!?・・・そこで、ハッと我に返って、当てられた車の後部を確認に行きました。・・・・うわぁ〜・・・・バンパー取れかけ、結構べコってる・・・やられた。がっかりで、誰、ぶつかった人は!!??・・・・と見てみると・・・・白いSUVの横にわっかいお母さんと・・・3歳くらいの子供(!)とよ〜くみたら、お母さん、赤ちゃん抱っこしてる(!!)子供は二人とも無傷みたいやけど・・・あかんやん!!こんな小さい子2人も乗せてるのに、不注意だか携帯いじってたんだかなんだか・・・・!!!集中して運転しようよ!!!

    ものの数分で警察がやってきて、「じゃあ、みなさん、車を映画館の駐車場に移動させて下さい。そこで個々にお話を伺います。」と言われ、移動。そこで夫に電話し、留守電にメッセージを残す。(彼も帰宅途中で電話が通じなかった)そして、その当時の上司、レイレイにも電話。「レイレイ、やられたわ。車当てられた。」「え!?大丈夫なの!?」「大丈夫やから電話してんねん。でも、車あかんわ〜。修理ださな全然無理。」「お〜・・・お気の毒やったなぁ・・・ゆう★」「そうやろ。てわけで、明日休むから。」「・・・・・お、お〜・・・わかった。気を付けて。」電話をとっとと終わらせて、皆が集まっているところへ行くと、あの若いお母さんが警察の人の質問を受けていました。「いや、あの・・・前の車(ビートル)が急に止まったから・・・」え!?それはないし!!ビートル、しっかり停まってるの、見てたし!!とあっけにとられてると、サスガにビートルのお姉さんが、「ちょ・・・!!それ、違うでしょ!!??私、ちゃんと停止状態やったし!!!(怒)」で、私もついでに、「そうですよ。私、彼女の前に停まってましたけど、一回ミラー越しに彼女が停止してたとこ見ましたから。」周りには目撃者の人も何人か残っていて、皆口々にビートルのお姉さんは停止状態にあったと証言。お母さんもウソは通じないと悟ったのか、スンゴイ小さい声で、「・・・ごめんなさい・・・」と謝りました。ゆう★

    結局、何故停止せず前の車に突っ込むようなことになったかはわからず仕舞いでしたが、お母さんの全面的な過失となりました。最後に警察の人が、「これね、保険請求の時に使ってください。」と詳細を書いた書類をくれ、その後家に帰りました。ビートルのお姉さんと帰る前に少し話たのですが、彼女は最初に当てられた人だったのでサスガに衝撃も大きく、「首イタイ〜〜。ちょっとムチ打ち入ったね。あなたも一応念のため、お医者さんに行った方がいいよ〜。」と言われました。確かに。カル〜く痛みもあったし。で、家に帰った後、夫に連れられ、Urgent Care病院(予約なしで診察してもらえるお医者さん。でも高い)へ行き、痛み止めをもらってきました。診察してくれたお医者さんも、「こういう場合はその時何もなくても、一応診察受けとく方がいいんですよ。」とおっしゃってました。

    翌日、金属がこすれる音に背中をゾクゾクがっかりさせながら、(多分、周りで運転してた人や、歩いてた人もゾクゾクしたと思います。すいません。)保険会社から指定された修理屋さんへ車を持って行きました。「じゃ、詳細出たらまた連絡しまっす〜〜!」って言われ家に帰ったのですが、その2日後、「廃車のお知らせ」ガイコツが修理屋さんからくることになろうとは、夢にも思っていませんでした・・・・6年物、Scion XA(日本での車名は『Toyota ist』)・・・・・・言いたかないんですけど、ローン完済まで、あと3か月だったんですよねぇ〜・・・・・・・・・・・・号泣しました。号泣

    クリックで応援してくれたら、めっちゃ嬉しいです!

            

    PR

     

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    PR

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • アメリカ人がレギンスの着方にモノ申したよ・・・・・
      Saki
    • アメリカ人がレギンスの着方にモノ申したよ・・・・・
      佐藤(み)
    • アメリカ人がレギンスの着方にモノ申したよ・・・・・
      Saki
    • アメリカ人がレギンスの着方にモノ申したよ・・・・・
      りょうこ
    • ・・・ってオマエ、誰!!??
      Saki
    • ・・・ってオマエ、誰!!??
      Yakuちゃん
    • 休日にやったこと 〜 締めは・・・・・
      Saki
    • 休日にやったこと 〜 締めは・・・・・
      佐藤(み)
    • グリーンカード、キタ――(゚∀゚)――!!
      Saki
    • グリーンカード、キタ――(゚∀゚)――!!
      カリフォルニア

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM