アリゾナで仕事をゲット〜番外編 ベトナム料理に翻弄された日々

0
    おはようございます。キタ――(゚∀゚)――!!ハート 気温絶賛上昇中!!今日の最高気温は70F越えの、73F(摂氏22.7℃)です。フェニックスは2月と10月くらいが一番過ごしやすいですね。過ごしやすい時期が、鬼のように短いのが難点なんですが・・・ははは・・・恐らく、気候の良いこの時期を意図的に選んでいるのだと思われますが、もうすぐ「フェニックスオープン」(ゴルフトーナメント)や有名なBarrett Jacksonのカー・オークションが開催されます。これ、両方とも会場が結構家から近いので、車の渋滞に巻き込まれたりして、結構とんでもない目に合うんですけどね。汗

       

    さて、今日はアリゾナで仕事をゲットの番外編として、過去編の8でちょっと登場したベトナム料理のレストランについて書きます。<ベトナム料理のレストラン登場の記事はこちら!>

    会社のダブル面接に行った日、目についたのでランチのためにふらりと入ったベトナム料理のレストランが、なんだかすごかったんですけど、実はその後もこのレストランとの付き合いは続いていくことになったのです。

    仕事の決まった会社のコールセンターには、私より3年ほど早くそこで仕事を始めていたAさんがいました。年もほぼ同じで、話も合ったので、いつもランチを一緒に取っていました。このAさん、めっちゃ小さくて細くて可愛らしい日本人。なのに、食欲がハンパない。そして、食にとても厳しくていらっしゃいました。ある日、ランチは外食、もしくはテイクアウトを買おう!ということになりました。正直、会社の近所はオフィス街なので何もなし。でも、10分ほど運転すればタコベルやその他のファストフード、メキシカンレストランなんかがありました。どこ行く〜?と「ランチ会議」をしていて、ふと思い出したのがあのレストラン。「・・・ベトナム料理のおいしいとこあるわ。」「え!?マジ!!??どこどこ??」「Costcoの近所。車で10分くらいかなぁ。」「じゃ、そこ行こう!!」お昼時に行くと恐らくは混み合っていて、時間内に帰ってこれるかわからない。ランチ時にそのような危険を犯している場合ではないので、オンラインでメニューを探したら、あったあった。これで電話で注文して、後はお昼にピックアップして持って帰ってこれる。
    ピース Aさんが、「電話しとくよ。何がいい?」と言うので、またヌードル・・・今回もエビと焼き豚入りのヤツと、「ボバ」と言う、スム―シーにでっかいタピオカが入ったもの、そしてシェア用にベトナム春巻きを注文してもらいました。

    お昼になり、私の車でレストランへ行き、難なく注文した食料をピックアップ。早速会社に帰ってパッケージを開きます。その量と味、そして値段の安さにAさんは大満足。私にはちょっと多過ぎたので残そうとしたら、Aさんに、「・・・なんで残すの?・・・
    怒り」と、鬼のような顔して睨まれたので、「どこの罰ゲームやねん!?怖いと思いながら、全部平らげました。

    そして最低月に一回はそのレストラン、「サイゴン・ナイツ」へ通うようになりました。「サイゴンの日」には、Aさんから朝内線で電話があり、「会議」の時間を告げられます。(一方的)そしてその時間までにメニューをチェックし(その頃には店から注文用のメニューをゲットしてました)、何を注文するのかを決めておくのがしきたりとなっていたのです。あれは・・・サイゴンに通い始めてから2か月くらいした頃だったと思います。Aさんが、「これ。ミートボール入りのヌードルにするよ。」と注文の品を決め、その数分後に自分の席から電話を入れました。・・・しばらくするとAさんから内線に電話。「ちょっと!」「え?」「お姉さんに!!」「何?何??」「ミートボールって言ったら、『それ、やめた方がいいね。』って言われたよ!!
    ムンク」・・・・あははは・・・・・ここまでの注文に、何の問題も生じていなかったので、スッカリ忘れていました。しかもAさん、スッカリレストランの例のお姉さんとツーカーになってたので、こんなとこで「全否定」に遭うとは、まったくの予想外でした・・・・「『え?なんでですか??』って聞いたんだけど、スッゴイスルーされたよ!!で、『違うもの頼むね』ってゴリ押しされたよ!!!」・・・・ゴリ押しされたんやははは・・・・「仕方ないから、チキンにしといたよ!チキンに!!」・・・やっぱし強制で注文変更にさせられたんや・・・あの時からぜんっぜんパターン変わってへんやん・・・・ははは・・・・

    それからも、何度かお姉さんの「全否定」と「強制注文変更」に遭いましたが、段々慣れてきて、注文する前に「プランA」「プランB」を作成するようになりました。これで、「プランA」がお姉さんによって却下されても、動揺することなく「プランB」にプロフェッショナルに切り替えることができるのです。・・・好きなものが注文できないという事実をスッカリ忘却し、いかにお姉さんとうまく対峙するか。これだけに焦点が絞られていました。・・・・・客としての目的、めっちゃ見失ってるじゃないですか・・・・ガーン気づけよ

    と、そんなカンジでサイゴンとの付き合いは続いていました。Aさんはすでに、お姉さんに声だけで聞き分けてもらえるくらいに成長していました。そこで!チャレンジ精神が芽生えました。「・・・・そろそろ、また、あの全否定されたヤツいってみたい・・・」その頃、サイゴン歴は1年に近づこうとしていました。ここまで修行したら(何の!?)、そろそろディープな注文も受け入れてもらえるやろ・・・
    ニヤリ

    そこで!面接日に私が一発で却下をくらった、「エビとサトウキビのヌードル」に再挑戦してみることにしました。モチロン、プランBも用意してです。注文をAさんに託し、待ちます。5分後にAさんから内線電話が!結果は!!??「通ったわ!!!」・・・・・や・・・・ったあぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜!!!花花 あの幻の「エビとサトウキビのヌードル」をついに食べれる日がやって来たのです!!張り切って取りに行くと、いつものように注文を袋の中にセットして、机の上において待っていてくれました。そして会社でパッケージを開けると・・・・!!!・・・・・ある意味予想外の、「サトウキビの茎にエビの団子が2-3個刺さった」ものがヌードルの上に置かれていました・・・・これ、「サトウキビ」ってタイトルに付ける必要あるの!?ガーン・・・・もしかして、この茎も一緒に食べるの!!??ムンク・・・・ビミョウなカンジではありましたが、エビ団子はうまかったです。←サトウキビは残した。 なんでこれが全否定だったんだろう・・・それは今でも謎です。が、それ以降、「真のアジア人認定」でもされたのか、すべての注文は問題なく受け入れられるようになりました。

    しばらく行ってないけど、また行きたくなりました。イエイ   

    クリックで応援してくれたら、めっちゃ嬉しいです!

            

    PR

     

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    PR

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ついにキタ――(゚∀゚)――!! 沼田(猫)の写真初公開!!
      Saki
    • ついにキタ――(゚∀゚)――!! 沼田(猫)の写真初公開!!
      佐藤(み)
    • Lyftの運転手さんの話
      Saki
    • Lyftの運転手さんの話
      佐藤(み)
    • 現場で怖くて口に出来なかった真実が、ここにあった・・・・・
      Saki
    • 現場で怖くて口に出来なかった真実が、ここにあった・・・・・
      katsu
    • 現場で怖くて口に出来なかった真実が、ここにあった・・・・・
      Saki
    • 現場で怖くて口に出来なかった真実が、ここにあった・・・・・
      えめ
    • 現場で怖くて口に出来なかった真実が、ここにあった・・・・・
      Saki
    • 現場で怖くて口に出来なかった真実が、ここにあった・・・・・
      えめ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM