「平成元年のオードブル」東海林さだお著 を読んでみた。

0
    JUGEMテーマ:読書 

    Chicagoに住んでいるお友達が送ってくれた、東海林さだおさんの「平成元年のオードブル」を読みました。この本が刊行されたのは1992年。そこからすでに23年の月日が流れているわけです。

    東海林さだおさんと言えば、私にとっては新聞で連載されていた「アサッテ君」です。漫画家のイメージの方が強いんですが、何冊かエッセイも書いていらっしゃる。今まで東海林さんのエッセイは読んだことなかったんですけど、これがなかなか面白い。「平成元年」とその題になっていることから、「1989年(平成元年)」くらいからどこかで連載されていたものだと予想します。故、文章中に出てくる言い回しがまだ「昭和のおじさん」っぽい。これが妙にノスタルジックで良いです。

    東海林さんは何でもない日常の中で、毎日当たり前のように起こっていることに対する視点がいいですね。なんでもないことなんですけど、違った角度から見ると、なんとも面白くなる。特におじさんチェックが細かくて、吹きました。w
    本書には「18話」の「オードブル」が盛り込まれてるわけですが、中でも「捜査参考図」には大変興味をそそられました。これは「犯罪捜査官」なる人々が、犯罪関連のありとあらゆる詳細を掴むための書であると見受けられますが、サンダルの分類やら、靴の部位、または針の名称、そして暴走族や裏社会の「専門用語」等が掲載されている一般の人でも使用出来る「お役立ち本(?)」なのです。こんなものが存在することすら知りませんでした。一度手に取ってじっくり見てみたい衝動に駆られましたね。w
    また、喜多方ラーメンの話も驚愕です。(ちょっとネタバレしちゃいます)ブームになって連日怒涛の勢いで地方からお客さんがやってくるので、店舗スペースではさばききれなくなり、自宅の部屋をお客さんに解放て!!しかも、そこに住んでるお婆さんが、ラーメン食ってるお客さんと共存・・・・・・・・お婆さんにしたら、絶対笑える事態ではないんでしょうが・・・・・・・ウケました。

    昭和の香りをいい意味で残しつつの「平成元年」です。東海林さんの意外な観察力が笑える一冊でした。

     

    クリックで応援してくれたら、めっちゃ嬉しいです!

            

    PR

     

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    PR

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 外ネコの餌場に、妙にくつろいだヤツいた
      Saki
    • 外ネコの餌場に、妙にくつろいだヤツいた
      Yakuちゃん
    • クズ人間の話する?(マジギレ注意)
      Saki
    • クズ人間の話する?(マジギレ注意)
      佐藤(み)
    • スーパーのレジのお姉ちゃんがやらかした件
      Saki
    • ボウルを投げた犯人は誰だよ!?
      Saki
    • スーパーのレジのお姉ちゃんがやらかした件
      りょうこ
    • ボウルを投げた犯人は誰だよ!?
      佐藤(み)
    • 日本から、尊い物が送られてきた〜〜!!!〜 その1
      Saki
    • 日本から、尊い物が送られてきた〜〜!!!〜 その1
      佐藤(み)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM